〒381-2246 長野県長野市丹波島1-1-11

駐車場25台完備

026−214−5110 WEB予約はこちら

リハビリテーション科

リハビリテーションとは

リハビリテーション

怪我や病気を患った場合、当然のことながら症状を改善するための治療が行われます。骨折であれば、折れた部分の細胞を活性化させて骨の癒合を目指します。膝痛ならば、薬を用いて痛みを軽くしたりするわけです。しかし、それだけでは元の健康だったときの状態まで戻せず、運動器の機能に支障をきたしてしまうこともあります。

リハビリテーションとは、このような問題を克服し、出来る限り元通りの状態に近づけられるよう、医学的に改善しようとする様々な取り組みのことを意味します。

当クリニックのリハビリテーション科のご紹介・理念

人生100年といわれる時代になった現在、様々な薬や治療法、健康法が紹介されています。日頃から健康に関心の高い方が多いと思いますが、その中でも関節の痛みや変形、筋力の低下、体力の低下のため、日常生活に支障が出てしまっている方や外出をためらってしまう方は多いと思います。
また、特に症状がないにも関わらず、周りから聞く転倒したという体験談から抱く漠然とした不安や、家族から一人での外出は心配と言われ自粛しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私達はそんな体の悩み・不安に患者様とともに向きあい、症状の改善はもちろん、それが生じている根本的な原因を探り、再発を予防していくところまでを一貫したリハビリテーションとして提供します。専門的知識を持つ理学療法士による徒手療法と積極的な運動療法を中心に、自宅で行える運動指導や電気・超音波を主とした物理療法も併用し、個々に合わせたペース・方法でリハビリを行うことができます。
また、運動の良さを実感し、自宅での運動習慣の確立をお手伝いするため、体組成計や握力計を始め様々な身体機能評価を行うことができ、患者様ご自身のモチベーション維持に役立てていただくとともに、当クリニックで長期的な健康管理をサポートできる体制を整えています。

リハビリというと何らかの障害や後遺症をもつ方々が対象と思われがちですが、病気になる前に、転んでしまう前に、「予防する」というのも、私達の中では重要な要素と考えています。数年前から言われているロコモティ・シンドロームや、最近よく聞くいつのまにか骨折は、まさに転倒や重大な病気につながるサインを早期にみつけ「予防する」ことを意識するための言葉ではないかと思います。今後一層予防の重要性は増してくるでしょう。
そのため、当クリニックでは転倒予防・障害予防に関する情報提供も積極的に行い、地域の健康寿命の増進に貢献していきます。

人工関節手術を受けた患者様に対しても、手術前の評価・準備を始め、手術後の状態に合わせたリハビリを集中的に行い、安心して退院できるスケジュールを組んでいます。退院後もさらなる改善のため、外来によるリハビリを継続していただけます。

人工関節手術をされる方々の多くは、ぎりぎりまで悩み、強い痛みを長期間我慢したために、痛みのある関節はもちろんその他の関節も硬くなり、筋力も落ち、かばう癖のついた歩き方が染みついた状態で来ることが非常に多いのが現状です。家事をする人がいないから、介護をしているから、仕事を休めないから、等理由は様々です。こういった状態で手術をした場合、確かに痛みはとれますが、蓄積した関節の硬さや筋力低下、姿勢や歩きの癖を治していくには、やはり時間がかかります。
当クリニックのリハビリには、手術を迷っている方や予定している方、どうしてもしたくない方、また手術を終えた方など、多様な局面にある患者様が来られるため、手術後のリハビリの様子や患者様の声を間近に感じることができ、手術への理解を深めるとともに不安を軽減することができます。またそれぞれに合わせたリハビリを実施・指導し手術に備えることで、手術後のリハビリをよりスムーズに進めることができます。退院後も長期的なサポートを行うことが可能なため、自信がつくまで安心していただけます。

リハビリテーション科スタッフにおきましては、最新を知り最善を尽くすため研修や学会への積極的参加を促し、定期的に情報共有の場を設け、広い視野でのリハビリ実施を心がけます。また体調管理を徹底し、日々の治療に集中できる心身を保ちます。

クリニック内での入院・通院はもちろん、他職種、他医院、施設との連携も行い、切れ目のない継続的なリハビリを提供していきます。持病や合併症のある方でも安心して通えるよう、整形外科分野にとどまらず総合的な知識を備えています。

もう一度思い出のあの場所に自分の足で行きたい、健康のために自分に合った運動を始めたい、最近辛くなってきた日常生活をまた笑顔で送りたい、スポーツで故障しやすい身体を何とかしたい等、老若男女問わず身近なかかりつけとして、一緒に目標を共有し達成していける場になればいいなと思っております。

リハビリが必要となる主な症状

  • 首や肩が痛い
  • 腕が上がらない、無理に上げようとすると痛みが出る
  • 手足がしびれ、思い通りに動かない
  • 歩行などによって腰を動かそうとすると痛みが出る
  • 立ち上がったり、歩いたりすると膝が痛む
  • 怪我をしてから身体がよく動かない
  • 支えがない状態で立ち上がると、ふらついてしまう
  • 様々な関節の可動域が狭まっている
  • 筋肉が萎縮しているように感じる
  • 身体を動かすと痛みが走る
  • スポーツ活動に早く復帰したい
  • 手術などによって安静状態が続いてしまった
  • 普通に歩いているだけでも呼吸などが苦しくなる
  • 食事中にむせてしまうことがある など

主な治療法

  • 運動療法(運動器リハビリ)
  • 物理療法
  • 作業療法

運動療法

運動療法(運動器リハビリ)とは

身体全体または一部を動かすことにより、日常生活動作の維持・改善を目指す治療法です。怪我や病気の種類や程度によっても異なりますが、患部の骨や筋肉が硬くこわばらないよう、ストレッチングなどを取り入れ、筋力や柔軟性、バランス能力を回復させていきます。予防などを目的とし、腰痛体操やバランス運動などを取り入れることもあります。

この際に負荷を強くかけすぎると逆効果になりますので、主治医、理学療法士の指導を受けて実施するようにして下さい。

当クリニックではこのマンツーマンでの運動器リハビリに重点をおいています。以下の物理療法もその補助として効果は期待できますがあくまで運動療法が主と考えておりますので物理療法機器は最小限の備えとなっております(牽引機器、ウォーターベッドは備えておりません)。患者様の希望を考慮しながら、適切な負担の運動療法をマンツーマンで推し進めていきます。これにより、自然治癒力が高まり、QOL(生活の質)も向上します。

物理療法

物理療法とは

怪我や病気などで運動機能が低下した方に対し、物理的な作用を加えることによって進められる治療法です。運動機能を維持・改善するため、マッサージ、温熱、寒冷、電気、水、光線などの治療を選択します。これにより、麻痺の回復や痛みの軽減が期待されます。先にも述べましたが、運動療法の補助として用いることがあります。

作業療法

作業療法とは

心身に障害のある方に対し、日常生活を営んでいく上で必要となる様々な動作(家事、仕事など)をきちんと行えるよう援助・指導していく治療法です。リハビリテーションを通じて上肢の運動機能や高次脳機能の回復を目指していくわけです。具体的には、木工や手芸、園芸、畜産、農耕、編み物、絵画などを用いて指先の細かい動作や構成能力などを実施。身体の骨・筋肉・神経に刺激が与えられ、日常生活を送れるようになっていきます。

診療内容
整形外科疾患全般 人工関節手術
リハビリテーション科
住所
〒381-2246
長野県長野市丹波島1-1-11
駐車場
25台完備
TEL
026−214−5110
診療時間 日祝
9:00~12:30
15:00~18:30

初診受付時間 8:30~11:30、14:30~17:30
休診日:日、祝日